「ミッション:インポッシブル2」を見た。監督はジョン・ウー、脚本はロバート・タウン、製作・主演はトム・クルーズ、主演はアンソニー・ホプキンス、タンディ・ニュートンです。
カーアクションは最高です。ポルシェとアウディのカーチェイス、オートバイ同士のカーチェイスは見応えがあります。ただし、感傷的な音楽はちょっと頂けないですね。「リーサルウェポン」でもエリック・クラプトンにギターの泣きとはちょっと違いますね。向こうは妻を失って自殺願望のある刑事のドラマ、こちらはクールであるべきスパイ映画です。まあ、ストーリー的にイーサンがナイアに恋をしてしまうと言う件がクールじゃないよね。スパイ映画はクールじゃないと・・・後は、中国系の監督とあってかカンフーシーンが多い。これも別に良いのだが、ラストのイーサンとアンブローズの戦いはもう少し短くても良かった。これこそクールに決めて欲しかったが・・・と言うことでカーアクションなどは良かったが、クールなスパイ映画ではないと言うことで減点です。まあ、楽しめはします。

Comments are closed.